アメフリヤコウ。

くだらない日常とかくだらないラクガキとか。 最近はオリジナル多めです。

無題565。

村田版ワンパンマンを読んでたら一日が終わってた

あと本屋にも行きました。

『血潜り林檎と金魚鉢男』 の最終巻
ビターエンドだったけど綺麗な終わり方で、ずっと追いかけていて本当に良かった
あとがきによるとほぼ打ち切りみたいな状況だったらしく、
描けて無い部分もあるっぽいのが残念



なんかFPS全然出来なくなってた
もうRPGとTPSとアクション系だけでいいや・・・


感想 |

無題564。

よこ

らくがき
最近やっと横顔の時の瞳の描き方が分かってきたような・・・



日中全くPCに触らずに過ごしたら時間の有効活用出来た感がすごい
途中2時間ぐらい居眠りしたにもかかわらず


イラスト |

無題563。

友人らと 『バイオハザード ヴェンデッタ』 を観て来ました。
やっぱCG映画シリーズの方はハズレ無いですねー

ちょっとボス戦があっさり気味なのは気になったけど、
バイクチェイスや後半の廊下での大量ゾンビ戦、ラスボス戦等のアクションシーンはハリウッドの大作映画並みの迫力とケレン味で、ここだけでも何度も繰り返し観たくなるクオリティ

あと序盤の洋館のシーンが真っ当にホラー映画してて
さすが清水さんがプロデューサーなだけあるなーと。

そういえば出掛ける前にプロモーション用のPSVRコンテンツも体験したんですがこちらも楽しかったです。
自分がゾンビになってクリスとレオンに襲いかかるというある意味絶望しか無い内容でしたが、
二人のカッコいいアクションをやられる側で見れるというのは今までにない体験でした。

映画本編で同じシーンを観れるかと思ったけど結末が違ったのがちょっと残念

帰ってから読んだパンフは制作者たちの原作愛に満ち溢れて充実の内容だったので、
これから観に行く予定がある人は絶対購入した方が良いですよ!



昨日レンタル半額だったので 『メガ・スパイダー』 を借りて観ました。
『ラバランチュラ』 の監督の前作。

こちらも好感度高い主人公とノリで楽しむ王道ストーリーで存分に笑って楽しめる良作B級映画だったんですけど、ラバランチュラ以上に気になる所はちらほら。
でもそういう所を反省して洗練されていってラバランチュラになったんだなー、とも。

このまま進化していくであろう監督の次回作が楽しみです


感想 |

無題562。

詰め込み娘

好きな要素をたくさん詰め込んだ女の子、
というお題をいただいたので存分に詰め込みました!

最近人外ちゃんあんまり描いてなかったからめっちゃくちゃ楽しかったー!!



注文して1時間半で発送準備入ってるメロンさんすごい


イラスト |

予告の吸血要素はどこに。

『マタンゴ』 観ました。
ヨットで遭難した若者たちが、謎のキノコが群生する無人島に流れ着いて~というお話。

流石に60年代の映画なので映像や演技なんかに古さは感じますが、
聞いていたカルト映画的な評判とは違って、パニックホラーのお手本の様な作品でした。

マタンゴが本格的に出て来るのが終盤近くなってからなんですが
それまでも極限状態でどんどん理性を失っていく人間の怖さをテンポ良く描いていて、
そこは後になって気になった程度。
むしろこっちのドロドロ人間ドラマの方が作品の主題だったんでしょうね

そんなわけで、あの考えさせられるラストも含めてとても良い映画でした。
ここ最近で一番有意義な90分だったかもしれない



ガストのフライドポテト頼んだらマヨネーズが山盛りだった


感想 |
| HOME | NEXT